雲の無い平日の日没は冷酒を

「娘」のことを特別に考えている人って、どれくらいいるんだろう。子供のときの体験や固定観念とかそんなのが、「たい焼き」と頭の中でくっついちゃうことも、よくある話って言われそうだし。

まだ温かいシュウマイ

HOME

気どりながら跳ねる友人と擦り切れたミサンガ

仕事として、日光市へ行くことが非常に多かった。
関東地方の北寄りに位置する日光は栃木県にあり、海のない県で、背の高い山々に囲まれている。
もちろん、寒くなると積雪し、除雪車やチェーンなど必要である。
秋に差し掛かると、東北自動車道を使って2泊3日で行って、無事に帰り、また2泊3日というパーターンが多くて、テレビなどのメディアで日光の様子が紹介されると思い出に浸ってしまう程。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い表現がある位なので、一度は行ってほしい所だ。
紹介させてもらうと、見どころは日光東照宮。
あの有名な家康の眠る場所で、境内の厳かな様子に驚くことだろう。
また、奥日光に位置する温泉街。
硫黄泉らしく、白く、熱い湯。
この温泉を浴びると冷えも治るだろうと思う。
日光東照宮建立当時、このお湯を目標にかなりの人数の湯治客が集まったそうだ。
様子は想像できる歴史的なここ日光。
ホテルや民宿の紹介も兼ね,雑誌などに多く載っているこちら日光市に、行ってみようと考えている。

雹が降った大安の夜明けに座ったままで
知佳子の家のベランダにて成長しているミニトマトは、不運な運命なのかもしれない。
ぎりぎりまで水分をあげなかったり、なんとなくアイスティーをプレゼントしたり、味噌汁を与えたり。
酔った私たちに、ビールを飲まされた時もあり。
トマトの親である友達は、次回好奇心でトマトジュースを飲ませたいという。
私たちの中でトマトの心は完全にシカト。

雲の無い週末の夜明けに昔を思い出す

一人旅でも仕事としてでも、韓国への渡航回数が多い。
縁があるのは、港町プサン。
観光ももちろんだが、女性だったらスキンケア商品や服など興味がある方も多いと思う。
韓国人は外見へのこだわり、つまり外見を磨くことへの熱は素晴らしいといわれる。
転職や、お見合いの際に、日本よりも露骨に判断する場合が多いという。
なので、韓国で発売される美容グッズは、肌に良い成分が日本の商品より、多く含まれているらしい。
なので、合う合わないは出てくるものの、結果は期待してもいいだろう。

怒って体操する先生と冷めた夕飯
昔よりNHK教育テレビを見ることが大変増えた。
昔は、親や祖父母が見ていたら、NHK以外の番組が見たいのにと思っていたが、最近は、NHKが嫌ではない。
おもしろい番組が大変少ないと考えていたけれど、最近は、若者向きの番組も多くなったと思う。
そして、かたいものも好んで見るようになった。
それから、攻撃的でないものや娘に悪い影響が大変少ないものがNHKは多いので、子供がいる現在は見やすい。
民放では、アンパンマンでさえ非常に暴力的のように見える。
いつもぼこぼこにして終わりだから、子供も真似するようになってしまった。

月が見える平日の夜は散歩を

たしなむ程度のアルコールのお供に、ヘルシーで健康に良い食材を!と考えている。
最近の酒の友は焼き葱。
もっと前は鮪。
そして、近頃は、湯葉だけれど、お金がかさむのであきらめた。
そして、新メニューを考案した。
だいたい80円くらいのエリンギ。
細かく刻んで、マーガリンで炒めて、味の素と醤油を少々ふりかけて味付た物。
じゅうぶんお金は低いし、カロリーも低い気がしませんか。

気分良く口笛を吹く友人と観光地
太宰治の「斜陽」をよく読む私は、三津浜の安田屋旅館に宿泊に行った。
一緒に小説大ファンの両親。
その安田屋旅館は、太宰治がこの本の章の一部を考えるために滞在した小さな旅館。
一歩歩くと、ギシギシと、響く。
ランチのついでに見せてもらったのが、彼が宿泊した階段を上がってすぐの角の部屋。
雪をかぶった富士山が少しだけ、顔を出していた。
すぐそばの海の海面には生け簀が張ってあった。
このへんは来たかいがある。

気分良く体操する弟と失くしたストラップ

本日の晩御飯は一家そろって外で食べる事になっているので、少年は嬉しくてしょうがなかった。
何を注文しよう、と夜が待ち遠しくて、いろいろと考えていた。
ピザやオムレツ、ポテトフライやから揚げ、などなど、メニュー一覧にはどんな物があるのかとても楽しみでもあった。
今回はこの前できたばっかりの和風レストランだ。
お父さんの運転する車は、そろそろ目的地に到着する。
お母さんは助手席でのんびり景色を見ている。
お姉ちゃんは少年の横で、ケータイでメールを打っている。
少年は車から飛び降りると、喜び勇んで入り口の扉を真っ先に開けた。

騒がしく自転車をこぐ姉妹と冷たい肉まん
スイーツがとても好みで、洋菓子や和菓子をつくるけれど、娘が大人のものを欲しがる年になって作る甘い物が限られてきた。
私たち親が大変楽しみながら口にしていたら、子供がいっしょに食べたがるのは当たり前だから子供も食べられるケーキを自分でつくる。
私は、チョコ系のケーキがとっても好きだけれども、しかし、娘には砂糖とバターが多い物などはまだ食べさせたくないのでつくりたくてもつくれない。
ニンジンやバナナをいれた蒸しケーキが健康にもいいので、砂糖とバターを控えめに入れて混ぜて焼く。
笑った顔でうまいと言ってくれたら、めちゃめちゃつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
最近、ホームベーカリーも使用してつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

ひんやりした平日の晩は立ちっぱなしで

「嫌われ松の子一生」というタイトルの連ドラが放送されていましたが、欠かさなかった方もいたと思います。
わたしは、テレビ番組は見なかったけれど、中谷美紀の主演で映画が放送されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量が悪いからでもありますが難しい環境にいながらも、悲観的にはなりません。
はたからみれば、恵まれていないかもしれないけれど夢があります。
幸せになることに関して、貪欲なんです。
すごく、尊敬を感じました。
自分も幸せになりたいのに、そうなると罪悪感がある。
なんていう、謎の状態に陥っていた子どもだった私は、松子を見ていると、明るくなりました。
それくらい、明るい映画なので、見ていただきたいです。
主演の、中谷美紀さんは、音楽教師でも、風俗嬢でも、理容師でも、何をしても綺麗でした。

怒って泳ぐ妹と濡れたTシャツ
末端冷え性にかかってからは、こころもち辛いけれど、やはり寒い時期が好きだ。
家の外が乾いているからか、カラリとした匂い、さらに暖房器具の温かさ。
寒い時期の日差しって贅沢な気持ちにしてくれるし、一眼を持って、夕方の浜辺も素敵。
その時は、性能のいいカメラもOKだけれどトイで気持ちよく撮りまくる方がお洒落で雰囲気のあるSHOTが手に入る。

サイトコンテンツ

クマ

サイトコンテンツ


Copyright (c) 2015 まだ温かいシュウマイ All rights reserved.